1970年創業(株)中央シャッター (株)中央テント ニッポンの社長 株式会社中央シャッター 代表取締役 市川 慎次郎 中央ブログ 毎月更新!中央通信

中央ブログ

2017年12月27日

今と昔の年末年始のシャッター修理の違い

今と昔ではシャッター修理の期間に違いがあります。
それはシャッター製品の品質や営業方法が多様化してきたことにも関係しています。

そこで今と昔の年末年始のシャッター修理の違いをご紹介します。

一昔前の年末年始のシャッター修理事情

年末にかけてはその年最後の売り時ともあって、セールなどを行うお店も多いのではないでしょうか。
そのため、年末ぎりぎりまで営業しているお店も沢山あるかと思います。

昔は、年末ギリギリまで営業していたお店が多くありました。
特に個人商店などのお店では要望があれば31日まで営業されていたところもあったと思います。

しかし店を閉めようとなった時に、シャッターが閉まらないと、年末年始もシャッター開けておかなければなりません。
そのため年末年始をお店で過ごさなければならないということもあります。

そんな人達の需要に応えるため、中央シャッターでは年末もギリギリまで、年始も早々に営業していました。

現在の年末年始のシャッター修理


現在では製品の品質の向上、個人商店の減少などにより一昔前より問い合わせが減ってくるようになりました。
さらに電動シャッターなど、防犯性・耐久性に優れたシャッターも多く販売されています。

営業形態も多様化しており、年末年始はゆっくり休むというお店も多くなりました。
また、修理の際も一旦応急処置を施してシャッターを閉め、改めて見積もりをとったあと修理を施すことも可能です。

シャッターの修理時間も短くなりました。
中央シャッターではどんなメーカーでも修理対応が可能で、スピードを最優先に対応しますので、年末年始に急にシャッターが故障した場合でも安心です。
またシャッター専門会社なのでケース板、スラット、鍵など、シャッターの部分交換だけを行うことも可能です。

まとめ


中央シャッターでは、年末ギリギリまで営業を行っております。
シャッターが降りない、途中で止まってしまったなどシャッターの故障でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

年末年始のシャッターシ修理は中央シャッターまで

中央シャッターでは、過去に年末にお問い合わせがあった名残で29~30日まで営業を行っています。
以前までは12/30に餅つきを行っておりました。2017年は12/29まで営業を行っていますのでシャッター修理でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。
また緊急の対応も行っておりますので、年末年始にシャッターのことで何かあればご連絡下さい。

PAGE TOP