1970年創業(株)中央シャッター (株)中央テント ニッポンの社長 株式会社中央シャッター 代表取締役 市川 慎次郎

中央ブログ

2017年6月26日

飲食店経営者必見!集客力を高める看板のデザインと3つの特徴

飲食店を経営されている方にとって、「集客力」というのは、お店の売上に直結する非常に重要なものです。さまざまな集客方法がありますが、今回ご紹介するのは「看板」を利用した集客方法、「看板を使った効果的なデザイン」についてご紹介します。
ぜひ看板デザインの見直しの参考にしてください。

集客力を高める看板のデザインの特徴その①:目につくキャッチコピー

多く方は、看板の役割を「お店の表札」に使っているかと思います。
「とりあえず目立てば良い」「店舗名を表記すれば良い」というような看板が今でも散見されていますが、実は看板は売上に直結する販促ツールでもあるのです。

看板を見直すだけで、売上が20%アップする事例もあり、ちょっとしたアイディアで売り上げアップにもつながるのです。
では、どのような看板デザインが売上アップにつながるのでしょうか?

まず、看板の基本的な役割として、通行人に正確なお店の情報やメニュー・商品の情報を伝える必要があります。
そして、看板を見た時に「興味を持って足を止める」「視線を奪う」効果があると、通行人が足を運びやすくなるのです。

皆さんはどんな看板を見た時に足を止めたり、看板を読もうと思いましたか?
足を止めさせるには「何のお店か」「メニュー」「オススメ商品」「値段」など、お店が最も伝えたい事が、端的にわかりやすく記載されている必要があります。

そのためには、短くてわかりやすい「キャッチコピー」が重要になるのです。
キャッチコピーはただ短いだけで良いわけでなく、お店・商品のイメージや雰囲気を盛り込まなければ効果もでません。

考えるのに時間を要しますが、よいキャッチコピーさえ考えてしまえば、通行人の目を奪い、非常に強いインパクトを与えることができるのです。

集客力を高める看板のデザインの特徴その②:看板の配置を工夫する

看板を配置する際に最も重要なのは「見やすい場所」「目立つ場所」に置くということです。
看板の内容を充実させ、通行人の目を奪うキャッチコピーを記載しても、目に止まる場所に看板を置かなければ何の意味もありません。

お店の立地条件にもよりますが、通行人の多い場所に看板を設置することは言うまでもありません。
しかし、通行人が多い場所で背丈の低い看板を設置すると、通行人の足元に隠れてしまい、多くの人に見てもらう事が難しくなってしまいます。

看板を設置する場所だけでなく、場所によって適切な看板のサイズ選びも重要になります。

集客力を高める看板のデザインの特徴その③:文字サイズを使い分ける

通行人の興味を引くキャッチコピー同様に重要になのが、看板の文字サイズです。
全て同じ大きさの文字では、どれも並列に見えてしまい、強調させたい内容が目立ちません。

限られた看板サイズの中、強調したい内容とに文字の大きさで強弱をつけることで、表現にメリハリがつき、通行人にも伝わりやすくなるのです。
色で強弱をつけることもできますが、色を使い過ぎると逆に何を伝えたいかわかりにくい看板になってしまうことも。

まずは文字の大きさで強弱を作り、その後少ない色で強調したい部分にだけ色をつけるなどの工夫をしてみましょう。

まとめ

飲食店にとって、お店の看板はお店の表札以外にも、売上アップに直結する役割を果たす販促ツールです。
集客力を高めるための看板のデザインを見直し、ぜひお店の売上げアップにつなげましょう。

看板が古くなった、集客効果のある看板にリニューアルしたい等、看板でお悩みのことがあればお気軽にご相談ください。

PAGE TOP