1970年創業(株)中央シャッター (株)中央テント ニッポンの社長 株式会社中央シャッター 代表取締役 市川 慎次郎 中央ブログ 毎月更新!中央通信

中央ブログ

2018年4月11日

【カギも新年度と共に変える】劣化したカギを交換する必要性とは?

シャッターのカギを交換していなかったり、メンテナンスをしないまま何年も使い続けたりしていませんか?
また、スペアキーはきちんと保管できていますか?
実は、シャッターにおいてカギは重要な部分の一つを担っているのです。

カギの交換シーン


カギの交換があまり意識されていない理由の一つに、交換のタイミングに悩んでしまうという理由があります。
そこで、カギの交換が良く行われているシーンを紹介していきます。

テナントが変わるとき

シャッターのカギの交換において最も多いのが、テナントが変わるタイミングです。防犯上の理由もかねて、カギの返却とともにカギの交換がされることがほとんどです。

カギが壊れてしまったとき

これはどうしようもありません。

修理できるのであれば修理で対応してもよいのですが、カギの状態によっては交換した方が良いこともあります。

カギを紛失してしまったとき

カギを無くしてしまった場合、カギを交換するのでなく、スペアキーからの複製や、スペアキーを利用して対応している事例がたびたび見受けられます。

しかし、それは防犯上好ましくありません。
カギを紛失してしまったら、できる限りカギを交換する様にしてください。

スペアキーの大切さ


スペアキーの保管についてどうしていますか?
きちんと一定の場所に保管してありますか?
そもそもスペアキーを作成していますか?
スペアキーを用意しておくことは、シャッターの使用をするうえで非情に重要なことです。

シャッターのスペアキーを用意しておくことで、キーが紛失してしまったり、破損してしまったりした場合でもシャッターを開閉することができます。
それだけでなく、スペアキーから複製して、追加でキーを作成することもできます。

キーの紛失や破損と言う事態は、大抵突然やってきます。
シャッターの開閉ができないとなると、その日や翌日以降の予定に大きな影響を及ぼします。
不測の事態に陥って右往左往することのないよう、スペアキーは必ず用意し、適切に管理しておきましょう。

カギを交換するメリット


鍵の交換にはある程度の費用がかかってしまいます。
しかし、カギの交換はその費用以上のメリットをもたらします。

防犯対策となる

カギは日々進化しており、より丈夫で、複雑な作りへと変わっています。
古いカギを使い続けていると、カギの劣化も伴い、簡単に破壊、あるいはピッキングなどにより開錠されてしまいます。
防犯性を高めるためにもシャッターのカギ交換は定期的にしておくべきでしょう。

動きがスムーズになる

カギは古くなるとともに劣化し、動きが悪くなってきます。動きの悪いカギではシャッターをスムーズに開閉することができません。
動きの悪くなったカギの使用を続けていると、カギだけでなくシャッター本体への故障へ繋がることもあります。

メンテナンスで対応しても良いのですが、それでも限界があるうえ、あまりに古いカギではまた直ぐに動きが悪くなってきてしまいます。
カギの動きは悪くなってきたのであれば、いっそ交換してしまうのも悪くないでしょう。

カギ屋さんに依頼したらいくらくらい?


ここまでシャッターのカギの交換やスペアキーの重要性についてご説明しましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

とはいうものの、やはりお値段は気になりますよね。
カギの種類やシャッターの状況、地域などによっても異なりますが、仮にカギ自体を丸ごと交換したとしても、5万円程あればある程度余裕をもって修理を依頼することができます。
スペアキーの作成であれば、安ければ数千円程度で作成することもできます。

シャッターのカギ交換やスペアキーの作成は高額なイメージを持たれがちですが、実際にはそうではありません。
もし、当社にお任せいただけるのであれば、カギの交換について、予算に沿うよう検討することも可能です。
シャッターのカギ交換を含め、シャッターについてお悩みであれば是非一度当社までご相談ください。

まとめ

シャッターのカギはタイミングや状態に応じて適切なタイミングで交換することが必要です。
また、シャッターのスペアキーについても予め作成しておき、いざというときに備え、管理しておくようにしましょう。

PAGE TOP