1970年創業(株)中央シャッター (株)中央テント ニッポンの社長 株式会社中央シャッター 代表取締役 市川 慎次郎 中央ブログ 毎月更新!中央通信

中央ブログ

2018年6月27日

女性でも軽く動かせる!パイプカーテンゲートタイプのシャッターの特徴とは

シャッターは設置するのに場所をとるし、動かすのは重くて大変ですよね。
そんな常識を覆してくれるのがパイプカーテンゲートタイプのシャッターです。
今回はパイプカーテンゲートタイプのシャッターについて、4つの特徴から紹介していきます。

【パイプカーテンゲートの特徴①】パネルで見せるも隠すも自由自在

「パイプカーテンゲートを使ってみたいけれど中の様子が見えてしまうのが心配」といった相談を寄せられることがあります。
しかし、パイプカーテンゲートにおいてそのような心配は不要です。

なぜなら、パイプカーテンゲートはパネルをはめ込むことができ、それによって中の様子を外から見えないよう隠すことができるからです。

パネルは一部だけにはめ込むこともできます。
見せたくない部分と見せたい部分のメリハリをつけることも可能です。

使い方によってはお店の雰囲気をオシャレに演出しつつも防犯性を高めることができる優れものです。

【パイプカーテンゲートの特徴②】女性が多い店舗にもオススメな理由は『軽い・丈夫・オシャレ』

当社のパイプカーテンゲートタイプのシャッターは軽くてスマートで丈夫な製品です。
その軽さゆえ、力仕事に自信のない人でも簡単に動かすことができ、毎日動かしてもそれほど負担にはなりません。
また、軽くてスマートながら充分な丈夫さを備えており、防犯面における性能も非常に高いです。
それだけでなく、他の種類のシャッターに比べてデザイン性の高いものが多く、非常にオシャレな製品でもあります。

女性をメインターゲットとした店舗において、シャッターを設置するのであればパイプカーテンゲートが適しているといえるでしょう。

【パイプカーテンゲートの特徴③】コンパクトに収納できる折りたたみ型がある

パイプカーテンゲートの活躍する場所はなにも店舗だけではありません。
住宅街にあるガレージや駅構内など様々な場所で活躍しています。

パイプカーテンゲートには、コンパクトに折りたたむことのできるタイプもあります。
そのため、場所による制約を受けにくいです。
「シャッターを設置したい」、「変更したい」と考えていても、スペースの関係上難しいといったこともあるでしょう。
そんな時こそ、パイプカーテンゲートを検討してみてください。

【パイプカーテンゲートの特徴④】シャッターの素材や色を選べる

当社では多様なパイプカーテンゲートを取り扱っており、ニーズに合わせて素材や色を選択していただくことができます。

素材においては、アルミやステンレス、強化PCなど幅広く取り扱っています。
色についても素材を生かしたシルバーから、電解着色のブラックまで幅広くあります。

当社の取り扱うパイプカーテンゲートは、店舗の外観や場所に合わせて素材や色を選ぶことができるため、シャッターの設置によってお店の雰囲気を損なうことがありません。

まとめ

当社では、軽くて丈夫なだけでなく、コンパクトでおしゃれなパイプカーテンゲートを取り扱っています。
素材や色、デザインについても多様なニーズにお応えできます。
パイプカーテンゲートの設置ついて検討しているのであれば、是非当社までご相談ください。

PAGE TOP