1970年創業(株)中央シャッター (株)中央テント ニッポンの社長 株式会社中央シャッター 代表取締役 市川 慎次郎

中央ブログ

2017年8月9日

シャッターの寿命がぐんと伸びる簡単メンテナンス方法

シャッターのレールなどに556などの錆どめ効果のあるシリコンスプレーで油を吹きかけたり、接地面を拭いたり掃き掃除をするだけで寿命が3年ほど変わってきます。
こまめにメンテナンスをすれば、設備の寿命が伸びて、長く快適にシャッターを扱うことができます。

今回は、メンテナンス方法をいくつかご紹介します。

シャッターの寿命を伸ばそう


バネ部分やプーリ―(シャフトについている大きい滑車部分)は数年に1回、スプレー式の油(シリコンスプレー)を吹きかけるだけで、シャッターの寿命が延びます。
劣化して動きが悪くなると、シャッターがキーキーといったり、金属がこすれるような嫌な音を出したりして動きが重くなるのですが、これはレールの潤滑不足によって起こります。

つまり、シャッターの板(スラット)とレール(ガイドレール)が潤滑不足により、直接こすれあってしまうのが良くないということです。
そのため、スラットとガイドレールの潤滑を良くしてあげることが重要です!

潤滑を良くするにはシリコンスプレーが大活躍します。

シリコンスプレーを吹きかける前に接地面の掃き掃除をしよう

シャッターの寿命を伸ばすため、おすすめなのがシリコンスプレーです。

あらかじめシャッターを閉めておきます。
拭き掃除をしたら、レールに向かって、シリコンスプレーをまんべんなく吹き付けましょう。

シャッターを閉めるのは、ガイドレールだけではなく、スラットの方にもシリコンスプレーの潤滑成分を吹き付けるためです。
その後、シャッターを開け、サッシブラシでレールの上から下までブラッシングをして細かい砂などのゴミや汚れを取り除きます。

シャッターの開閉をスムーズにするために、レールにもシリコンスプレーを吹き付けましょう。
このようにして、シャッターの動きが悪い時には、まず自分でシリコンスプレーを使って改善しないかどうか、試してみることをおすすめします。

レールに556、鍵穴に556中心の柱をつける地面の溝はゴミがたまりやすいからキレイにしておこう


錆止めスプレー556をレールや鍵穴に吹きかけると、事前にシャッターの劣化を予防することができます。
レールや鍵穴に556を吹きかける前に、まずはゴミを取り除きましょう。

ゴミが溜まっている状態で556を吹きかけた場合、効果が出ません。
シャッターのレールには、砂やホコリ、ゴミ、小石などが付着して汚れています。

そのため、556をかける前に、まずはレールに溜まった汚れを、ボロ布などで取り除きましょう。
ボロ布がない場合は、ご家庭にあるキッチンペーパーを使うと便利です。

まとめ

頑丈でメンテナンスの必要がなさそうに見えるシャッターですが、日に日に劣化は進んでいます。
ご紹介したメンテナンス方法を活用して、長く快適にシャッターを扱っていきましょう。

PAGE TOP