看板にヒビが入っていると、そのヒビが原因となって看板が破損したり、周囲に被害を及ぼしたりすることがあります。
そのため、看板は定期的に点検し、必要に応じて交換をしなければなりません。

看板が壊れる原因を知って点検に役立てる


看板の壊れる原因の多くは雨や風、雷などといった自然的な現象が要因となります。

特に大雨や強風、雷を伴う台風には特に注意が必要です。

実際、台風による看板の破損は珍しいことではありません。

台風の接近が予想されるときは早急に破損しそうな部分がないかを確認し、対策をしておくことが必用です。

もちろん、台風以外にも注意しておくべきこととして、経年による劣化があります。

日頃から定期的に看板を点検し、劣化や破損がないか確認しましょう。

看板にヒビのある箇所から破損が進む


街中でヒビのある状態のまま使用されている看板を一度は目にしたことはあると思います。

実は看板にとってヒビの入ったまま使用されるということはとても悪い状況なのです。

理由は看板にヒビがあると時間の経過や風、飛来物との接触などにより、そこからどんどんヒビの入った部分の破損範囲が大きくなってしまいます。

それだけでなく、看板が割れてしまい周囲に被害を及ぼすおそれもあるので注意が必要です。

看板がヒビ割れていないか注意するとともに、ヒビを発見したときはたとえそれが軽微なヒビであっても早急に対応する必要があります。

点検のタイミングは1年に1回プロにしてもらう


看板は少なくとも年に1回はプロによる点検を受けましょう。

大きなヒビであれば誰でも簡単に見つけられるかもしれません。

しかし、小さなヒビや、看板の構造上見つけられにくい箇所のヒビは素人では見落としがちです。

プロの目であればヒビ以外にも問題点を発見し、看板の大きな破損や事故を未然に防ぐこと可能です。

看板はお店の顔ともいえる重要な役割を果たすものになります。

点検であればそこまで高額な料金となることもないため、必ず年に1回はプロによる点検を受けるようにしましょう。

看板が古くなってしまっていたら交換することも一つの手


看板は長い間使い続けていることで、ヒビなど物理的な破損以外にもさまざまな問題が発生してきます。

たとえば、時間の経過により時代にそぐわない古いデザインとなってしまったり、看板の色や文字が褪せてしまっていたりするという問題が挙げられます。

そのような場合、看板そのものを交換してしまうというのもひとつの手です。
新しい看板はお客さんからの印象にもつながるため、交換のメリットは多いといえるでしょう。

まとめ

ヒビは看板が破損する原因となります。

少なくとも年に1回はプロによる点検を受けるとともに、必要に応じて看板本体を交換することも検討するようにしましょう。

看板についてのご相談はぜひ当社にお任せください。