五輪の開催期間中は海外から非常に多くの人たちが訪れます。

店舗を経営している人にとっては稼ぎ時なため、今のうちにシャッター看板、日よけテントなどを新しくしておくのが販促につながるでしょう。

今回は、その理由と修理箇所のポイントについて紹介します。

お客さんは綺麗な店舗が好き!五輪前に店舗のシャッター・看板・日よけテントを綺麗にする


訪日外国人客が、どの店舗を利用しようか迷ったときには店舗の外観で決めることが多いです。
そのため、店舗の顔であるシャッターや看板、日よけテントなどは綺麗にしておく必要があります。

サビや腐食などで劣化していると、いくら美味しいメニューを用意していても店舗に入りにくい雰囲気がデメリットとなるでしょう。

お客さんは基本的に綺麗な店舗に入る傾向があるため、店舗の前を通りかかるときに目につきやすい箇所を綺麗にしておけばお客さんが入りやすくなります。

お客さんの視点で現在の店舗の様子を外からじっくりと見てみましょう。
サビついている箇所や、腐食するなどして劣化している箇所があるかの確認は定期的に必要です。

悪い状態のまま五輪を迎えてしまえば、他の店舗にお客さんを取られてしまうかもしれません。
もし、店舗の外観があまり綺麗でないようなら、五輪前に修理や交換をしておくことをおすすめします。

各備品ごとの修理箇所とポイント


修理を行う際には、目につきやすい箇所を重点的に修理するのがいいでしょう。
シャッターならスラットの部分がお客さんから見えやすいです。
スラットの部分が汚れていたり、古めかしくなっていたりする場合は優先的に修理が必要になります。
このとき、劣化しにくい素材に変えるのも一つの手です。

例えば魚屋さんなら塩水などが飛び散ることが多いため、サビにくいステンレス製のシャッターが望ましく、下の何枚かをステンレスに変えるだけで錆からシャッターを守れます。

看板も設置から年数が経っていると、劣化します。
面板が割れている場合やカッティングシートが剥がれかけているような場合、見栄えが悪いため修理や交換が必要です。
日よけテントも長年使用していると生地がほつれている箇所から破れてきます。

何年にもわたって日の光や雨風に晒されていると文字が薄くなることも多く、みすぼらしく見えてしまいます。
日よけテントそのものを交換したり、文字を描き直したりする必要があります。

修理の際は、看板や日よけテントに描く文字は多言語対応するのが望ましいです。
英語や中国語などの記載を入れれば、多くの訪日外国人客から見て、何の店舗なのかすぐに分かり、販促につながるでしょう。

まとめ

店舗を経営している人にとって五輪は大きく売上を伸ばすチャンスです。
しかし、見た目が良くないとお客さんは他の店舗に流れて行ってしまいます。
今のうちにシャッターや看板、日よけテントなどを修理して、店舗を綺麗にしておきましょう。