店舗などでは日よけシェードを設置しているところ多いのではないでしょうか。

日よけシェードが破損したり劣化したりしているのであれば、印象が悪くならないように早めに修理しておくのが望ましいです。

では、日よけシェードの修理方法について説明していきます。

シェードの破損原因と修理方法


日よけシェードは屋外で使用するものであるため丈夫に作られていますが、長年使用していると次第に劣化してきます。

劣化している状態で強い風に煽られるなどすると破れてしまうことも多いです。
台風などのときには、物が飛んで来てシェードに衝突し、破損してしまうこともあります。

台風以外のときでも普段から雨風に晒されることが多いため、年月の経過により取付金具が腐食してしまうことにも繫がりかねません。

腐食した取付金具を使い続けていると、落下してしまう可能性があり危険です。
生地も雨で濡れることで劣化することがあります。

また、日よけのために使用するものであるため、晴れている日には紫外線が当たり続けます。
紫外線の影響で生地が少しずつ色あせてしまうこともあるかもしれません。

生地が少し破れた程度の破損なら部分的に貼って補修することも可能で、取付金具などの部品も交換できます。

しかし、広範囲に渡って破れてしまっている場合や色あせが気になる場合には張替えを検討するのが望ましいでしょう。

修理する前に確認したい生地の種類


日よけシェードを修理する際には、現在どんな生地を使っているのか確認しておきましょう。

シェードに使われる生地は布やポリエステル、撥水生地などさまざまな種類があります。
使用する生地の種類や使用環境により、劣化しやすくなるケースも多いです。
劣化しやすい生地だと、修理してもすぐにまた劣化してしまうかもしれません。

例えば、布やポリエステルの生地だと、どうしても雨の影響を強く受けてしまいます。
そのため、屋外に設置していて、雨の影響で劣化しているような場合には、撥水生地に変えるのが望ましいです。

撥水生地なら、雨に強いため布やポリエステルよりも長持ちしやすいです。
紫外線の影響が強いようであれば、多少値段は張りますがUVカットに対応している生地にすることで長く使えて長期的に見てコスト削減に繋がります。

まとめ

日よけシェードは屋外で雨や紫外線に晒されているため、年月の経過により劣化してしまうことが多いです。
台風などで破れてしまうこともあるでしょう。
修理する際には、設置環境を考慮して、なるべく長持ちする素材の生地を選ぶことが大切です。