毎月発行している中央シャッターの広報誌「中央通信」はご存知でしょうか。
読んだことのない方へ中央通信の内容とバックナンバーの一部をご紹介します。

【会社の近況を報告!】中央通信とは


中央グループは、「中央シャッター」「横引シャッター」を含む4社に以下のブランド「横引シャッター ハイグレード」「ガレージシャッター」を設け一丸となって店舗や会社のシャッターのトラブル解決に取り組んでいます。
そんな中央グループの事業や近況などを「中央通信」という広報誌に掲載して毎月発行しています。
製品広告やPRは載せず、会社の方針や様子や社員一人一人の製造に懸けるモノ作りへの思いなどを記載しています。
その中でも、注目していただきたいコーナーは「Chuou575(ちゅうおう575)」です。
Chuou575では会社での出来事やお客様から依頼を受けた際のお話を一句にまとめていますので是非チェックしてみてください。

中央通信発行開始の意図と思い

中央通信は、2012年2月に第一号を発行しました。地域の方々との繋がりを大切にしている中央グループですが、もっと身近な存在と感じてもらえるようになりたいとの思いから発行を始め、開始から7年以上が経ちました。
創業者である「市川文胤」の「商売は益を求めて商売にならず、人喜んでこそ商売なり」という教えを引き継ぎ、利益だけを求める商売ではなく、まずはお客様に喜んでもらうことが大切と考えています。
メーカーは遠い存在であまり深く関わることができないと思われがちですが、決してそんなことはなく町工場での製造であり地域の方々と関わることもたくさんありますので、一人でも多くの皆様に知っていただくため配らせていただいております。

バックナンバー紹介


2019年5月に発行した中央通信の内容を少しご紹介します。
中央グループは、「山賊から武士へ」というテーマを掲げ、品も腕もある武士になろうと身の回りの細かい部分も見直し、感謝の心を忘れず、周りの人が憧れるような会社を目指しています。
周りの方にも支えられながら、着々とステップアップしていき日々の業務を遂行していきます。
また、近況としては、先代社長は「テレビ取材キー局全制覇」という目標を掲げていました。
平成十一年から始めたのですが、ついに今年その目標を達成することができました。
Chuou575のコーナーからは、会社という輪の中で自分の力を最大限発揮できる環境を整え、中央グループの次世代を担う威勢のよい人材を求めています。
そこで一句!となるのですが、そこで一句は実際に中央通信をご覧になっていただければ幸いです。

まとめ

会社の近況はもちろん、社長の会社に対する思いを知ることができるのも中央通信の魅力です。
是非毎月お手に取ってご覧になっていただければと思います。

中央通信のバックナンバーはコチラ

中央通信-19.5月号-