シャッターの台風対策は万全な状態になっていますか?
シャッターは台風のもたらす雨や風を防ぐ役割を担っています。
しかし、だからといって何も対策をしないままでいると故障してしまうことがあるのです。

台風はシャッターの故障の原因

シャッターは頑丈でそうそう壊れるものではないといったイメージがあります。
ところが、実際にはそうではありません。

いかに頑丈なシャッターといえども、台風の強風によって曲がってしまったり、一部あるいは全体が破損してしまったりすることがあります。
仮にシャッターが台風の強風に耐えたとしても、ぶつかってきた飛来物によって破損してしまうこともあるため、強風だけでなく、強風による飛来物にも注意が必要となるでしょう。

そして、電動シャッターの場合は雨に注意することも重要です。
台風のときの雨は豪雨になりがちであり、そこに強風も伴うことで、電動シャッターが漏電し、故障してしまうことに繫がってしまうかもしれません。

つまり、シャッターを台風による故障から守るには、強風と飛来物、そして雨について対策を立てなければならないということになります。

台風によるシャッターの故障は保険の範囲内になることが多い

住宅や事務所が火事の被害に遭った場合に備えて火災保険に入っているという方も少なくないでしょう。
意外に思われるかもしれませんが、シャッターの故障の原因が台風による被害だと判断された場合、火災保険から補償を受けられることがあります。

ただし、火災保険により補償を受けられるのは台風が原因となった故障と判断されたときのみです。
シャッター自体が古くなっていたりすると経年劣化による故障だと判断され、補償を受けることができない場合もあります。
火災保険から補償が受けられるからと、過度に期待しないほうがよいでしょう。

その他の注意点として、加入している火災保険の補償範囲の問題があります。
また、一口に火災保険とはいっても、会社や契約プラン、特約の有無などにより内容が異なります。
自身の加入している火災保険、あるいは加入を考えている火災保険の補償範囲に台風による被害が含まれているかを確認しておいてください。

状況によっては契約プランの変更や新たな特約の付与などが必要になるでしょう。

台風の影響でシャッターを守る対策とその効果とは

シャッターを台風から守るうえで特に重要なのは事前の対策です。
もちろん、シャッターが台風による被害を受けた際に備えておくための保険は有効な手段の一つではあります。
しかし、それではシャッターの故障を未然に防ぐことができません。

シャッターの台風対策における一番の秘策はやはり補強です。
補強と聞くと、プロでないと難しいと思われるかもしれません。
しかし、「シャッターガード」のような補強材を用いることで、さほど手間をかけることなく補強をすることができるのです。

とはいえ、やはり一番安心で確実なのはプロの手に任せることです。
自身で補強を行うには心配である、補強をしたのに故障してしまったときは当社までご相談ください。

まとめ

シャッターは台風による被害で故障してしまうことがあります。
シャッターを台風から効果的に守るためにも、火災保険の加入と事前の補強を怠らないようにしておきましょう。