シャッターが重くなり修理に出す際、シャッターの全交換を勧めるメーカーがありますが、中の部品を交換するだけでなおることもあります。
中のバネを調整するだけのケースだと、シャッター全交換よりはるかに修理費用も安くなるので、覚えておいて損はありません。

シャッターが重くなる原因

最初はスムーズだったシャッターが重くなってきてしまう・・・。
その原因はなんでしょう。

シャッターが重くなる原因の第一位はズバリ「経年劣化」です。
日々劣化してしまうのはどうしようもないので、仕方ないことですが、日々のメンテナンスや早めの修理など、早ければ早いほど、安く修理できる可能性が高くなります。

お店などで使われている手動シャッターの場合、5年くらい経つと重くなり始めます。
少しずつ悪化していくので、10年から15年くらいでとても重くなってしまいます。なので、定期的なメンテナンスは欠かせません。
では、シャッターのどの部品が原因で重くなってしまうのでしょうか。症例別にご紹介します。

シャッターの上げ下げのどちらかが重い場合

上下どちらかが重いときは、巻き取り用スプリングの力が弱っている可能性があります。この場合は、バネ調整が必要になります。目安として、シャッターが途中で止まらず、下がってしまったら危険信号です。

シャッターの上げ下げの両方とも重い場合

上下両方とも重い場合は、回転部分が油切れやシャッター表面に錆や外部要因による変形などが挙げられます。
油が切れると「キー、キー」という不愉快な音が鳴るのが特徴です。
市販の潤滑油で症状は改善できますが、変形などは業者に修理してもらいましょう。

バネ交換だけだと全交換の約1/3の費用に


家やお店など様々な場所で使われている軽量シャッターの動きが鈍くなったとき、まずはバネをチェックしましょう。
軽量シャッターの動力のスプリングシャフトという部品です。

年数が経つと、バネ(スプリング)自体が錆びて伸びてしまい劣化すると、シャッターを上げ下げする機能が低下してしまいます。
バネだけの交換だと、シャッター全交換をするより1/3~1/4の費用で修理することができるので、修理費用が大きくかかることもありません。

鍵交換を忘れずに

貸店舗・事務所のオーナーさんや、新居者の方にぜひ覚えておいてほしいのが、転入居の際の鍵交換です。
シャッターの鍵はシリンダー部分の摩耗やバーの両端にあり、鍵をひっかける部分の変形や、埃の詰まり、バーのネジが緩んで動かなくなり、開閉できなくなってしまうことがあります。

シャッターが開かなくて、営業・始業時間になっても仕事が始められない・・・。
という状況は避けたいです。
なので、例えその時に異常がなくても、物件の借主が変わったり、出て行ったタイミングで鍵交換をしておくことをおすすめします。

オーナーさんと借主のどちらが費用を負担するかはケースバイケースですが、鍵交換をすることで、リスクをぐっと減らすことができます。

「スラット」の部分交換

みなさんはシャッターの「スラット」という部分をご存知でしょうか?
スラットとは、何枚もの横長い部材をつなげてすだれ状に組み合わせ、建物の中と外を分ける部分のことです。常に風雨にさらされるため、劣化が激しい箇所でもあります。
日焼けや錆などでスラットを交換するケースが多く、最下部にある水切り部分も腐食によって劣化し、交換が必要になることもあります。
ただ、一部が壊れたから即全面交換、というわけではありません。スラットは各部分で取り外し可能なので、一部改修だけで済むこともあります。
どちらにせよ、虫歯と同じで放っておいても悪化するだけなので、相談して適切に対処してもらいましょう。

修理はプロに任せるのがおすすめ


シャッターの上げ下げが重くなっていると開閉が大変です。早めの修理が必要です。
「業者に頼んだら高くなるかも・・・」と、バネ交換やヒンジに潤滑油を吹きかけるなど、ネットで調べて自力で修理してみる人もいるようですが、あまりおすすめしません。劣化したバネが作業途中で切れ、シャッターが体の上に落ちてケガしてしまう危険性があります。またバネやスラットの交換には特殊な工具と経験がなければ、上手くいかないことがほとんどです。

結局、自分では修理できずに業者に頼むことになり、時間と費用を無駄にしてしまうケースがとても多いのです。

まとめ

シャッターは、時間の経過とともに劣化が進んでいきます。日常生活ではなかなか気づけないのですが放置し続けると本来持つ機能を果たすことができなくなってしまいます。

シャッターの上げ下げがスムーズに行えないと気づいた時点で、部品の修理だけでも早めに対処すれば長く使い続けることが可能です。
ポイントはバネの状態。「ちょっと重いかな・・・」と思ったときはまず確認してみましょう。

部品交換を行うことで、全交換することなくシャッターも軽くなります。
シャッターの重さで悩んでいる方は、ぜひプロに一度相談しましょう。